世界一 心が温まるキャンプを福島県でやりたいと思う

  • みどりの東北元気プログラム活動報告ブログ
  • みどりの東北元気プログラム ホームページはこちら

みどりの東北元気キャンプ2012について(10)恐怖を乗り越える方法に共通するメカニズム

 

写真は、F3ドライバーで世界を転戦する井原慶子さんの写真です。

以前、車を運転中にラジオかテレビのトーク番組で聞いた彼女の話が、ひどく印象に残りました。

(運転中でしたので、音声しか聞いていませんので・・・ラジオかテレビか、番組名なども分かりません)

 

大クラッシュ(衝突事故)を起こしたときのエピソードでした。ヘリコプターで搬送されるほどの事故で、運転席の直前までフロントは吹き飛び、後方数百メート ルにエンジン部分が転がり、タイヤは数百メートル先まで飛んでいたのだそうです。背中に傷を負い、5センチほど膨れ上がっていたのだそうです。

予選での事故だったそうで、翌日も走行があったのですが、彼女はスタッフに頼み込んで出場したのだそうです。スタッフは、彼女の背中の傷が動かないように、運転席部分を5センチ後方に沈み込ませ、車を調整したのだそうです。

当然ですが、時速数百キロで加速、減速、そして80㌔で急カーブを曲がる運転です。遠心力でG(重力加速度)がかかるときには、通常でも息はできないほどなのだそうで、事故の翌日の走行の激痛は半端なものではなかったと言います。

なぜ、それほどまでして、事故の翌日に走行しようとしたのかと言えば、事故の恐怖を克服するためだと言うのです。

 

それがレーシングドライバーの常識なのか、彼女が経験で知っていたことなのか分からないのですが、クラッシュの恐怖は、早めに車に乗り、事故と同じような状況を無事に走ることでしか取れないのだそうです。傷の痛みよりも、恐怖を超えることの方が重要だったのだそうです。スピードを恐がったら、レースができなくなるからです。

 

そこで、痛みに耐えながら、事故を起こしたポイントを、事故のときよりも1キロ速い速度で通過できたときに、自分にOKを出して、車を降りたのだそうです。

恐怖を超えていく心理療法には、いろいろありますが、基本は、恐く感じた辛かった体験を思い出しながら、その恐さを味わいます。しかし、実際には、その恐さは、今、目の前にはないものですので、今を意識しながら、その恐さの変化を感じとります。いずれ、その恐さは減少していきます。

そして、この恐さが抜けた時に感じる安心感は、実は生物としては無上の喜びになります。これが、恐さを克服するために必要なことで、心理療法に共通するメカニズムになります。

 

心理療法には、さまざまな方法があります。

 

たとえば、その恐さを感じた辛かった体験をどのように語り、どのように定義づけているのかに着眼して、その体験への意味づけを変えていく方法があります。どれほど嫌で、辛い体験でも、自分の人生に意味のある体験、意義のある体験だと思えるようになれば、そのことを思い出すことで感じる圧倒的な恐さに悩まされないですむようになります。レーサーの井原さんは、自分にOKを出したとき、彼女は、恐らく、この事故を、「事故にあっても、私はレーサーとしてやっていける」と定義づけたのだろうと思います。

 

また、井原さんの場合と同様に、その体験を思い出しながら、ひたすら、その恐さが消えていくまで、その恐怖の記憶のイメージから逃れないで、恐さと向き合うという方法もあります。この場合、大事なのは、今はその事故の瞬間ではないと理解をしながら、そこから別の場面や別の活動に気を逸らせないことになります。 もちろん、実際に井原さんと同じように、まったく同じ場面や状況に自分を持って行き、それを超えていく方法もありますが、カウンセラーがその場面に同行は 普通はできません。通常、過去の辛かった体験をイメージ映像として思い出してもらうのですが、その状況で恐怖が消えるまで、そこに留まるのです。

このとき、安心・安全の感覚を自分で作り出せる手法を事前にマスターさせた上で、この場面で、その方法を試みさせ、恐怖が消えていくのを促進する方法もあります。

 

一方で、上記を総合的に行う方法もあります。小林は、主に、両者を総合的に組み合わせる方法を使います。

 

お子さんの場合は、プレイセラピーなどがよく行われます。そこでは、しっかりとした安全・安心感が確保されると、お子さんは、自分の感じた恐くて嫌だった体験を遊びの中で、それを表現してくれるようになります。子どもの不安や恐怖をしっかりと受け止めながら、恐かった体験をイメージの世界で共有していきます。「恐く感じても良い」という姿勢を堅持していると、お子さんは、その恐さをスリルに転換していくようになります。そのことが、恐さを超えていくことを手伝うことになります。

 

恐さを超えていくメカニズムの本質ををシンプルに示していただいたF3レーサーの井原さんに感謝しております。

2012年1月のドバイ24時間で13位という好成績、ルマン24時間は残念でしたが、まだまだ現役レーサーです。