世界一 心が温まるキャンプを福島県でやりたいと思う

  • みどりの東北元気プログラム活動報告ブログ
  • みどりの東北元気プログラム ホームページはこちら

アーカイブス2:被災地でできる子どものこころのケア:辛さを受け止める(1)」2011年3月19日配信

」で、災害後10日を経ない段階で、HPを通して、全国に配信されていったものです。およそ2万人の方々に目を通していただけました。
災害に限らず、苦しい思いをしているお子さんを、身近な人が支える支え方としてお読みください。・・・このアーカイブが、将来、数万人が一斉に目にしなけ ればならないような緊急事態が再び起きないように願いつつ、それでも、今、この内容が必要な人に届けと、配信しています。
===============
2 辛さを受け止める(1)
子どもに安全安心を与えるために、大人ができる最大の支援は、 目で触れ、手で触れ、言葉で触れることです。 安全や安心を十分に感じさせる必要があることをお伝えしました。
ここでは、不安や緊張、悲しみや興奮や怒りなど、 子どもの示すさまざまな不快な感情、辛さと向き合う場合の原則を述べます。
不快な感情に限らず、あらゆる感情は、表情に表した方が良いですし、 何らかの形で表現した方が良いのです。
ですが、無理やり表現をさせることは控えてください。
感情は、自分の願いを、表情や身体表現を通して他の人に伝えるためにあります。 大事なことは、その表現がなされたときに、それをしっかりと受け止めることができるかどうかです。 その感情が表すお子さんの願いをしっかりと分かり、お子さんの表現を手伝うことが大人の勤めになります。 これができると、辛さや不快感が下がり、このことが安心感や安全感を生みだすのです。
そこで表現されることが、大人にも如何ともしがたいことであり、 その表現に大人の方が耐えがたいと感じてしまうと、 言葉の上で受け取れたとしても、お子さんの辛さを十分に受け止めたことにはなりません。 大人の側の不安や緊張は、関係が近い場合ほど、子どもには簡単に伝わります。 すると、どれほど平静を装っても、お子さんたちは表現を止めてしまう場合もあります。
必要なことは、何かを語らせることはありません。 お子さんの傍らにいて、お子さんの辛い感覚を感じるように寄り添ってください。 自分の中に「安心感」を腹の底に落とし込むつもりになって、 その「安心感」で、お子さんを包んでしまうようなイメージを持つようにします。 そして、ストーカーにならない程度に、いつもお子さんの傍らに誰かがいるようにしてください。
その傍らにいる大人が、自分の不快感、辛さを受け止めるだけの度量があると判断したとき、 お子さんの方が自ら自然に不快感を表現するようになると思います。 お子さん自身が自ら不快感や辛さを表現できたときに、辛さを受け止める最初のステップが始まるのです。 その大前提は、大人の側の根底の部分に「安心感」を根付かせることになります。
これはとても難しいことです。 大人の側が、「そうしなければならない」と力まないようにしましょう。無理はやめましょう。 大人が必死なうちは、お子さんたちは、辛さを感じながらじっと表現をせずに我慢をしているということ、 そこは、せめて、頭では理解しておき、大人の余裕ができたときに、 以上を、お子さんに接する基本に置いていただきたいと思います。
写真: この文章は、「東日本大震災特設:先生のためのメール相談<http://for-supporters.net/>」で、災害後10日を経ない段階で、HPを通して、全国に配信されていったものです。およそ2万人の方々に目を通していただけました。
災害に限らず、苦しい思いをしているお子さんを、身近な人が支える支え方おしてお読みください。・・・このアーカイブが、将来、数万人が一斉に目にしなければならないような緊急事態が再び起きないように願いつつ、それでも、今、この内容が必要な人に届けと、配信しています。
===============
2 辛さを受け止める(1)
子どもに安全安心を与えるために、大人ができる最大の支援は、 目で触れ、手で触れ、言葉で触れることです。 安全や安心を十分に感じさせる必要があることをお伝えしました。
ここでは、不安や緊張、悲しみや興奮や怒りなど、 子どもの示すさまざまな不快な感情、辛さと向き合う場合の原則を述べます。