世界一 心が温まるキャンプを福島県でやりたいと思う

  • みどりの東北元気プログラム活動報告ブログ
  • みどりの東北元気プログラム ホームページはこちら

福島実行本部主催「みどりの東北元気春キャンプ2013」は、3月29日~31日に開催されます。大勢のご応募ありがとうございました。

【目的】
2011年夏に、東日本大震災で被災した主に福島県内在住の子ども約160名の参加者と延べ140名ほどのスタッフのサポートにより実施された子どもたちの「こころのケア」を目的に実施された「みどりの東北元気キャンプ」。

主催者の予想を上回る反響がありました。また、睡眠に課題のある子どもを始め、「子どもたちのの心のケア」への顕著な効果が認められました。

今後、この実績を基に、本事業の継続性と定期的なプログラム展開と、より広い対象者にプログラム提供を行うことが求められています。
これらの考えを基に、この「みどりの東北元気春キャンプ」が企画されたのです。

参加者の9割が福島県在住者ということもあって、福島県内に運営母体及びスタッフがいることが事業目的に適っているといえます。 このために、2011年10月に「みどりの東北元気プログラム福島実行本部」が発足しました。

今回の春キャンプも福島実行本部が中心に運営が行われ、東京にある実行委員会がサポートする形になっています。

【共催】

みどりの東北元気プログラム福島実行本部・みどりの東北元気プログラム実行委員会

【対象】夏のキャンプに参加したお子さんたちのフォローアップキャンプです。

【内容】

夏のキャンプに参加されたお子さんたちが、キャンプ前後の様子を把握します。その上で、夏の「心のケア」の効果を確認しながら、参加されたお子さんの更なる心の健康の増進に努めます。

そのため、希望する保護者には、出迎えの郡山市内でカウンセリングを実施します。