世界一 心が温まるキャンプを福島県でやりたいと思う

  • みどりの東北元気プログラム活動報告ブログ
  • みどりの東北元気プログラム ホームページはこちら

3月27日からみどりの東北元気キャンプ2015春ー始まりました

3月27日(昨日)よりスタートしました。
春キャンプは、夏キャンプのフォローアップでもあります。
スタッフからは、続々と写真やメッセージの報告が送られてきています。

コンセプトは「持続可能な社会の構成者を育成する」こと。
子どもが自分でよく考え、グループで知恵を出し合い、力を合わせて進んでゆきます。
翌日(本日28日)の寝床(イグルー)は自分たちで作り上げます。

キャンプディレクターから示された今年のテーマは、
「こだわりのあるイグルーを作ろう」
大熊室長からの報告では、
「意見を集約しグループの(イグルーの)設計図を描く。話し合いの場に大人の姿がありません。子供達だけで話し合いを進めています。」とのことです。

良いスタートが切れた様子が伝わってまいります。
今日は、いよいよ自分たちの寝床イグルーを作る本番です!
目の前を立ちはだかる課題をどのように乗り越えるのか…。
楽しみです!

雪やスノーシューに慣れる自由遊びの時間です。

 

チームとしての計画を練る子ども達