世界一 心が温まるキャンプを福島県でやりたいと思う

  • みどりの東北元気プログラム活動報告ブログ
  • みどりの東北元気プログラム ホームページはこちら

5月23日事前研修会「キャンプの神様にゲームの進め方を学ぼう」大熊先生(くまG)による解説|取り組む意欲を高める大橋先生(GG)のトークに見る神業

ファシリテーターは、活動をさせる人ではありません。ファシリテーターとは、参加者の活動を促す人です。

これを間違えると、ファシリテーターから何かやらされただけの活動になってしまうのです。

【活動をさせる(取り組む意欲を殺ぐ)トーク】
円を作った後、参加者の腕の上にボールを乗せました。その時、ファシリテーター役になった若手の方は、このように言ったのです。

「それでは、このボールを3回腕の上を回して、最後に真ん中の穴の中にボールを落として下さい。」

「始め」

その時、参加者としてどんな気持ちになりましたか?

参加者として指示された事をやらなければならないという気持ちになってしまうのです。これでは、活動をさせられると言うことです。

【取り組む意欲を高める大橋先生の神業トーク】

大橋先生はこのように言っていたのではないでしょうか?マシンガントークは省きます。
「それでは、この腕の上にボールを乗せます」【言語】

「上手に転がせますか」【動作提案】

「おお、上手ですね。」【確認・意欲づけ】

「それじゃ、3回転させて、そうだなあ。最後に真ん中の円にそのボールを落とすことができますか?」【動作提案】

・・・「できそう!!」

「それじゃいきますよ」

「どうぞ」

「わーーーーーーできた!!!」

「そのゲームは実は、前回のこの場所でできたゲームなんです。」「ネットで紹介されたつながる日の写真にも使われた」とか「いろいろなところでやってみた」とか「その場でできるんですよ」とかいろいろとマシンガントークが続く・・・・・

さあ、2つの違いが分かりましたか?前者は明らかにやらせていますね。

神様は、皆さんのやりたい気持ちを高めて活動に取り組ませているのです。これを使い分けられるようになりましょう。