世界一 心が温まるキャンプを福島県でやりたいと思う

  • みどりの東北元気プログラム活動報告ブログ
  • みどりの東北元気プログラム ホームページはこちら

『サポートが必要な子どもたちの野外活動・外出支援ハンドブック』より(10)子どもたちの話し合いを深めるために

IMG_7103

子どもたちの話し合いを深めるために

 

▽【活動の振り返りをする意味】
何かの活動をするときには、活動の前に、個々人がその活動で目指したい目的を定める時間を設けます。活動がうまくいくために、活動の前に、「どんなことを目標にして取り組みたい」と考えているのかを定めます。そして、活動を行い、その後で、活動を振り返る話し合いの時間を設けます。

 

 

▽【成果の確認は一緒に喜ぶ】
「何が果たされた」かの確認では、一緒に喜びます。褒めるよりも、認め、うまくできたことを喜ぶのが基本です。「それはよかったぁ」「嬉しくなっちゃうねぇ」という具合です。

振り返りの場面で一緒に喜べるようになるには、支援者・関係者は、個々の子どもの具体的な目標を知り、活動の最中に、それを認める関わりをします。
「○○してくれたねー」「ありがとうね」「考えていてくれたんだね」「やっているねえ」と、本人が定めた目標行動ができていることを「いいねぇ」と承認します。活動の最中に頑張っているのを知っていると伝えるのです。これをしておくと、振り返りのときの喜びを深められます。

 

 

▽【果たされなかったことに宝の山がある】
「何が果たされなかったのか」を振り返るのは難しい作業です。ここでは、大人が問題点を指摘し、教訓を垂れる反省会のような振り返りをしてはいけません。これが最低の振り返りです。

 

まず、残念がりますが、それに気づいたことを認め、本心から褒めます。「果たされなかったこと」を語るのは勇気が必要です。そして、その語りを正面からしっかりと受け止めます。そのためには、それまでに、強い信頼関係ができていなければなりません。

 

そして、宝の山を子どもの語りから引き出すには、子どもの言葉をしっかりと繰り返すことや、ときにわざととぼけて、子ども自身がより正確な言葉で、語れるように手伝います。そして、その語りを宝の山に導くのです。

 

ここで、宝の山とは何でしょうか。それは、「次に同じような機会があったとしたら、何を目指したいと思うのか。その実現のために、自分は今後何をしたいと思うのか」ということです。

果たされなかったことには、自分の次なる願いが明確に表現されているはずです。その願いこそが宝の山です。次の成長は、この宝の山を明確に意識するところから始まるのです。

IMG_4634

 

==================

東京学芸大学教育実践研究センター編著:ミニハンドブック 『サポートが必要な子どもたちの野外活動・外出支援ハンドブック』ー不登校・PTSD・発達障害・知的障害がある子どもたちが元気になる活動と援助のためのヒントより