世界一 心が温まるキャンプを福島県でやりたいと思う

  • みどりの東北元気プログラム活動報告ブログ
  • みどりの東北元気プログラム ホームページはこちら

外傷的体験を受けた心のケアの理論(7)恐さを乗り越える1

惨事ストレスに出会っても、それを外傷体験として一生持ち続けてしまう人と、そうではない人を分ける要因はさまざまです。

 

ただ、それを乗り越えたか、乗り越え切れていないかを見分けるのは、ある意味で簡単です。

 

後々になって、そのことを振り返ったときに、 

「懐かしいこととして語れる」のか、

二度と思いだしたくないし、誰にも語りたくない」と思うのか・・・と言う点です。

 

この違いを分けるものが「マステリー」です。

マステリーの最終目標は、次の通りです。

これは言うならば、「あの体験があったから、今がある」と思えることです。

 

大災害に遭ってしまってしばらく、何もできず無力で、役に立てた気がせず、自分はダメだと思っていたとしても仕方がないことです。恐怖と不安と辛い状況打ちひしがれてしまうこと、それが問題ではありません。

 

けれども、時間が経つうちに、たとえば、

「あれは仕方がなかった」「自分が悪いわけではない」

「あの場では精一杯のことをした」

「自分は価値がある人間だ」「生きていてよかった」

「自分は自分でもよいのだ」「自分は大切だ」

などと、思えるようになっていけば良いのです。

 

比較的スムーズに、できれば、それほどの時間が経過しないちに、このように思えるように手伝うこと

・・・それが「恐さを乗り越える」ことなのです。

 

そのために第一に必要なのは、不安や恐怖や嫌悪などの不快な感情と向き合うことです。

 

20世紀の行動科学では、不安や恐怖や嫌悪には、そのように恐さや不安を感じてしまう場面で、それに勝るリラックスや安心を与えれば良いと言われていました。もちろん、それでも不快感が下がります。それは確かです。そのことを証明するデータもたくさんあります。

 

しかし、惨事ストレスなどの外傷的な体験では、ただ、安心感を与えればそれで良いのかと言えば、それではダメなのです。

 

なぜなら、惨事ストレスなどの外傷的な体験は、同じ場面が目の前にありません。

苦しめられているのは、恐かったという体験の記憶で す。その恐さを思い出しているときに、それに勝る安心感を与えることができればよいのです。でも、安心している場面で、わざわざそれを思い出しはしませ ん。思い出すことも難しいほど、思い出すだに恐ろしく辛い記憶です。思い出せないのです。万一、思い出しても、頭の中の記憶イメージですので、別のイメー ジ世界に逃げ出しやすいのです。不快感が高まっときに、その記憶イメージから逃げると、不快感がかえって強く刻み込まれます。これが強い不安として残るの です。

 

 

しかし、安心感を与えるかどうかよりも、もっと大事なことがあることが21世紀に入ってから強調されるようになってきました。それは、 不快感を感じ続けていると、不快感は時間経過に伴って減少することです。その恐怖や不安が減少したという体験が大事であることが明らかになってきたのです。

 

嫌なことを思い出したのに、それが減ってきた体験を味合わせることなのです。辛くても、逃げ出さずに不快感と向かい合うと、そのイメージから逃げ出さなければ、それは確実に減っていくことを体験させることが大事なのです。その体験が、「それに耐えられる」「それを乗り越えることができる」との見通しを持てることに繋がります。このことが重要だと言われるようになったのです。

 

そのために必要なのは、そこで感じている不快感を正確に、「自分は○○と感じている」と意識化して、その辛い記憶に向き合えねばなりません。

そのために必要なことは、周囲が「そのように感じていても良い」と、しっかりと、そこで感じている不快な感情を是認することなのです。

 

周囲の人は、したがって、子どもが不快に感じているときに、その表情からその感情を読み取ります。そして、不快な感情を、言葉で表現するのを手伝います。

 

「何かいやな感じがするのかな」「恐いかな」

「心配かな」「いらいらするね」

「悲しいね」「つらそうな顔しているね」

 

との声かけが強調されるのは、そのためなのです。 

 

これができると、不快感の中で自分を見失わずに、不快感を感じ続ける土台ができるのです。

 

====

気になるお子さんがいらしたら、大震災と関連があるかどうかに関わらず、どうぞ、相談メールをいただければと思います。

soudan@u-gakugei.ac.jp(@は大文字ですので、小文字に変換してください)

詳しくは、
http://for-supporters.net/mailform_3.html
をご覧ください.

なお、この電子メール相談は、教師自身の相談にも応じております。大震災のことに関わらず、ご心配なことがありましたら、どうぞ、お気軽に教師のための電子メール相談としてご利用ください。

====