世界一 心が温まるキャンプを福島県でやりたいと思う

  • みどりの東北元気プログラム活動報告ブログ
  • みどりの東北元気プログラム ホームページはこちら

キャンパーたちは前泊して、みどりの東北元気春キャンプに備えました。

みどりの東北元気プログラム » キャンパーたちは前泊して、春キャンプに備えました。

いよいよです。
スタッフはすでに昨日から準備に入っています。昨夜はたくさん降っていた雪も今朝は少し舞っている程度だそうです。
キッチンもベテランのガクさんとフルさん。美味しいごはん、楽しみにしていてくださいね~、お子さんたち。
リーダーたちは、お子さんをお迎えするために、今朝早く、小野川湖からグランデコに向かって出発しました!
小林先生と早川先生は、郡山で親御さんたちとお会いし、お子さんを郡山で出迎えるために明日出発します。

みどりの東北元気春キャンプが3月26日~28日に実施されます!!

目的

2011年夏に東日本大震災で被災した福島県内在住の子ども約160名の参加者と延べ140名ほどのスタッフのサポートにより実施された子どもたちの「こころのケア」を目的に実施された「みどりの東北元気キャンプ」。

主催者の予想を上回る反響があり、「子どもたちのの心のケア」への有効性が認められています。

今後、この実績を基に、本事業の継続性と定期的なプログラム展開とより広い対象者にプログラム提供を行うことが求められています。

これらの考えを基に、今回の「みどりの東北元気春キャンプ」が企画されました。

参加者のほとんどが福島県在住者ということもあって、福島県内に運営母体及びスタッフがいることが事業目的に適っているといえます。

このために、2011年10月に「みどりの東北元気プログラム福島実行本部」が発足しました。

今回の春キャンプは福島実行本部が中心に運営が行われ、東京にある実行委員会がサポートする形になります。

共催

みどりの東北元気プログラム福島実行本部・みどりの東北元気プログラム実行委員会

対象:

夏のキャンプに参加したお子さんたちのフォローアップキャンプです。

夏のキャンプに参加されたお子さんたちが、キャンプ前後の様子を把握しつつ、夏の「心のケア」の効果を確認しつつ、参加されたお子さんの更なる心の健康の増進に努めます。

そのため、希望する保護者には、出迎えの郡山でカウンセリングを実施します。

 

3月26日(月)

3月27日(火)

3月28日(水)

9:00 集合バスで移動

11:30 グランデコ 到着

12:00 持参のお弁当で

昼食

開会式

7:00 起床7:30  デコで朝食

9:30 レイクショアに移動

10:30

湖付近でスノーシュートレッキング

12:00 レイクショアで昼食

7:00 起床7:30 レイクショアで朝食

9:00

不動滝までスノーシュートレッキング

11:30 グランデコにバスで移動

12:00 グランデコで入浴及び昼食

13:30グランデコ付近でスノーシュー

トレーニング

 

 

 

13:00雪洞づくり 14:00 グランデコからバス出発 

16:00 解散

18:00 デコで夕食 18:00 レイクショアで夕食
19:30アイスブレーキング、動作法

 

21:30 デコで宿泊

19:00グループタイム

冬の星座観察など

21:00 雪洞にビバーク

 

アイルランドの千鶴ライアンChizuru Ryanさんからご寄附をいただきました。チャリティー・ティーパーティを自宅で開催していただいたのだそうです。

◆ライアン千鶴さまからのメッセージです◆

小林先生 大熊先生 八木先生およびみどりの東北元気プログラムご関係者さまへ

昨年11月12日土曜日にご近所さんや教会、子供たちの学校のお友達などに呼びかけて、チャリティー・ティーパーティを自宅で開催いたしました。

当日はたくさんの方々がお家で焼いた自慢のケーキやクッキーなどを持ち寄ってくださったり、在ダブリンの日本人の方がお抹茶を立ててくださったり、、、そしてコーヒーはスターバックスが無料で提供してくれました。

10時から14時の間に、子供たちも含め100名近くの方々が入れ替わり立ち代りこられ、とてもにぎやかな会となりました。

そのイベントで1553.6ユーロが集まりました。
その金額の半分、776.8ユーロ、日本円に換算してみどりの東北元気プロジェクトへ寄付させていただきます。
半分は募金箱を提供してくださり、息子に勇気をくれたウルトラマン基金に募金させていただきました。

アイルランドは今非常に厳しい経済状況にあります。その中たくさんの人々が募金してくださり本当にうれしく、ありがたく思います。

 

どうぞ、被災地の子供たちをいっぱい元気にしてください。
いつか子供たちが緑豊かなアイルランドに来てくれたらいいなぁという夢を持ちつつ、今後もできるかぎりの応援をしていきたいと思っています。

Dunguaire Castle

今後のご活動を楽しみにしています。

ライアン千鶴

アイルランドからご支援をいただきました

 

アイルランドから、吉田 蕗さま を介して、「みどりの東北元気プログラム」に多額のご寄附(2、207.15ユーロ)をいただきました。

大変ありがとうございます。

◆2011年11月27日に、アイルランドで、東北の子ども達への支援を目的としたチャリティコンサートが開かれました。

http://aidjapanforchildren.blogspot.com/

◆その収益およびその際のご寄附2、207.15ユーロをご送金いただきました。

◆ありがとうございました。

======吉田 藍さま より==========

募金を通して、アイルランドの人々の気持ちをお届けできたらと思っておりますので、 可能でしたら、コンサートのことなどを元気プログラムのウェブサイトにご紹介いただけたら幸いです。


コンサートでは、大熊先生の監修のもと、プログラムについても紹介させていただき、 来場者には大きな共感をいただきました。
主催した私のきもちとしては、震災後小さな国であるにもかかわらずたくさんのお金を送ってくれた アイルランドの人たちに、日本での活動を紹介することで恩返しをしたいという思いがあったのですが、コンサートのチケット代以外にも、プログラムについて のプレゼンテーションのあとに、たくさんのひとが、もっと支援をしたいと募金箱にお金を入れてくれました。
========================

◆アイルランドからのご支援ー第2弾
吉田 藍さまから・・・
アイルランドの首都ダブリンにありますTrinity College のJapanese Society より、彼らの大学で行ったチャリティーイベントの際の募金を、み

どりの東北元気プログラムに送金していただきたいとお願いがありましたので、2167.41ユーロ送金させていただきました。

アイルランドからのご支援ー第3弾・・・予定

Pauline Dalzelさまによる3月11日に「津波一周年祈念コンサート」開催決定
本当にありがとうございます。
(吉田 藍様)
前述のコンサートでのプログラムについてのプレゼンテーションで、元気プログラムの活動に感銘を受けたPauline Dalzelさんというアイルランド人の女性が、より活動が広まるようにと願いをこめて、3月11日にチャリティコンサートを開くことにしたそうです。
その収益を全額元気プログラムに送りたいとおっしゃっております。
彼女もまた、想いを届けたいという気持ちで、ぜひ元気プログラムのウェブサイトに彼女たちのウェブサイトのリンクを貼ってほしいと願っております。

http://www.plumblossomconcert.com