世界一 心が温まるキャンプを福島県でやりたいと思う

  • みどりの東北元気プログラム活動報告ブログ
  • みどりの東北元気プログラム ホームページはこちら

3月30日郡山市で保護者・教師向けのワークショップが開催されます。

春キャンプは、今年、3月28日~30日に開催されます。3月30日(日)に、お子さんを郡山に出迎えいただく保護者のために教育相談の機会をご提供します。

それと同時並行で、保護者・教師向けに、キャンプでの支援者が活動の中で、心のケアや心の健康の増進を図っていくさまざまな工夫や姿勢などを伝えるワークショップを行います。これについては、キャンプ関係者限定ではなく、地域の方も、どうぞご参加ください、

副島先生からのクラウンワークと、とけあい動作法が、今回のワークショップの中心です。

キャンプ参加者の保護者さんは、まったりと過ごしてから、お子さんを出迎えに行かれてもよいと思います。お子さん連れでも、十分に楽しめると思います。

また、キャンプに参加されていない保護者の方でも、教育相談を望まれる方は、早めにお申し込みいただければ幸いです。

申し込みはFAXもしくはメールでお願いいたします。

3月28日(金)~3月30日(日)みどりの東北元気キャンプ(フォローアップ春キャンプ)が実施されます

 

【目的】
2011年夏に、東日本大震災で被災した主に福島県内在住の子ども約160名の参加者と延べ140名ほどのスタッフのサポートにより実施された子どもたちの「こころのケア」を目的に実施された「みどりの東北元気キャンプ」。

主催者の予想を上回る反響がありました。また、睡眠に課題のある子どもを始め、「子どもたちのの心のケア」への顕著な効果が認められました。

この実績を基に、本事業の継続性と定期的なプログラム展開と、より広い対象者にプログラム提供を行うことが求められました。
これらの考えを基に、この「みどりの東北元気春キャンプ」が2012年の3月に企画されたのです。「みどりの東北元気プログラム福島実行本部」が発足し、そこが中心で実施されました。

2013年に続き、3回目の春キャンプです。2013年の春キャンプでも、2012年夏のキャンプの成果について確認が行われ、不安・甘えのストレス反応や、攻撃的な怒りの反応が夏に比べて、随分と緩和されたことが確認されています。夏のキャンプの成果を確かめる機会ともなっています。

参加資格は、基本的に夏のキャンプに参加されたお子さんです。

【内容】

夏のキャンプに参加されたお子さんたちのキャンプ前後での変化の様子を把握します。その上で、夏の「心のケア」の効果を確認しながら、参加されたお子さんの更なる心の健康の増進をさらに努めます。

そのため、希望する保護者には、出迎えの郡山市内で教育相談も実施します。

これと同時にNPO法人「元気プログラム作成委員会」が郡山市で、地元の保護者、教育関係者向けにワークショップを実施する予定です。

いずれも、詳細は、今後、お知らせしてまいります。